お父さん先生。

こんにちは。監督です。

 

先日、自分の子どもが通う保育園の、「お父さん先生」に行ってきた監督です。

 

担当クラスは、年少さんです。

 

職員室に通され、子ども達との接し方や、園の教育方針のプリントを読みました。

 

そこには、「見守る」という言葉がたくさん書かれていました。

 

「自立」ということが、年少クラスには求められているんだと感じました。

 

今まで、たくさんの子ども達とサッカーを通じて触れ合ってきたり、保育園や幼稚園のサッカー教室にもたくさん行きました。

 

しかし、実際の保育園の中の様子や、子ども達の様子、成長過程を見る機会はありませんでした。

 

お父さん先生、ついに登場です!

 

しっかりヒゲも剃り、身だしなみを整え、ド緊張です。

 

ド緊張により、いつもより、若干、アゴがシャクレています。

 

 

やかましっ!!!

 

 

みんな笑顔で迎え入れてくれました。

 

 

僕の担当は、トイレの補助と、トイレの補助と、トイレの補助と、

 

 

おい、どんだけトイレなんだ!!!

 

 

僕の担当は、絵本の読み聞かせです。

 

滑舌悪いけど、大丈夫かな。

 

いつもより、シャクレてるけど、大丈夫かな。

 

 

やかましっ!!!

 

 

上手くいきました。

 

その後、一緒に外でたくさん遊びました。

 

よし、ここまでは順調!

 

さあ、給食です。

 

給食のメニューは、なんと、

 

なな、なんと、

 

ななな、なんと、

 

 

キノコが入った炊き込みご飯、キノコが入ったけんちん汁、キノコとホウレンソウのおひたし。

 

 

キノコ食べれない。

 

先生、拓ちゃん、キノコ食べれません!

 

食べさせてもらってもいいですか?

 

 

うるせっ!!!

 

 

食べきりました。

 

ほとんど目をつぶって食べきりました。

 

平井堅が熱唱しているときみたいに、目をつぶって食べきりました。

 

 

うるせっ!!!

 

 

その後、お昼寝で1時間ポンポンしたり、みんなで歌をうたったりしました。

 

 

そして、おやつの時間!

 

 

おやつのメニューは、

 

なんと、

 

なな、なんと、

 

ななな、なんと、

 

 

ビスケットと、牛乳。

 

 

牛乳、飲めない。

 

先生、ちゃん拓、牛乳飲めません!

 

飲ませてもらっていいですか?

 

 

うるせっ!!!

 

 

飲みきりました。

 

ほとんど目をつぶって飲みきりました。

 

中島美嘉が、雪の華を熱唱しているときのように、飲みきりました。

 

 

うるせっ!!!

 

 

1日、保育園に居て思ったことは、子ども達がとても自立している。

 

先生の話をよく聞くし、集団行動ということを理解し、協調性を学んでいる。

 

そして、そういう子ども達の自主性や協調性を、先生たちが手際よく、思いやりを持ちながら接している、教えている。

 

何よりも感じたのが、この子たちが小学生になったら出来ないと苦労するよ。ということをイメージしている。

 

すごく感動しました。

 

来年、再来年もあるので、また行きたいなと思いました。

 

 

キノコと牛乳じゃない日にね。

 

 

うるせっ!!!

 

 

さて、サッカーのことは一切書いてないブログでしたが、

 

週末も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

10/21(日)にJ-WingsにてFC KRILO 2019年度入団セレクションを行います。


下記申込書をダウンロードください。

2019年度セレクションKRILO申込書.pdf

18:00- 受付 18:30-20:30 セレクション

 

9/24(月祝)の第1回クラブ説明会・練習会ご参加の皆様、お忙しいところ参加賜りありがとうございました。

10/14(日)に第2回目のクラブ説明会・練習会を予定しております。第1回に参加出来なかった方はご参加ください。

申込書を送付頂いてない方は、添付の説明会申込書説明会・練習会のご案内2018.8.29.pdfをダウンロードください。

 

尚、第1・2回の説明会・練習会に都合がつかず、参加頂けない方もセレクションの申し込みは可能です。

その場合、セレクション当日、クラブ概要の説明を聞きたい保護者様はお申し出ください。

 

セレクションは1度しか行いません。

是非とも、セレクション参加申込みよろしくお願い申し上げます。

 

申込期限は10月17日(水)です。

 


9月27日(土)、前橋フットボールセンターA面にて、

高円宮杯決勝トーナメント準々決勝が行われました。

IMG_0390.JPG

対戦相手は大泉FC。

 

1年生の時に練習試合をしていただいたときは圧倒され全く歯がたたなかった相手でした。

 

そこからどれだけ成長できたのかも試される試合となりました。

IMG_0387.JPG

前回の試合より緊張はしていなかったと思いましたが、

 

試合は開始早々の失点でスタートしました。

 

安易なバックパスを慌てて処理してしまったところから招いたピンチで失点。

 

肩に力が入って正確なボールコントロールができなかったところからの失点でした。

IMG_0385.JPG

2失点目も肩に力が入ってしまってからのミスでした。

 

信じられないようなミスが続き0-2。

 

集中していなかったわけではありませんでしたが,

 

公式戦の見えないプレッシャーと、相手の力強さに出鼻をくじかれてしまいました。

IMG_0381.JPG

こちらにチャンスがなかったわけではありませんでした。

 

2失点してしまいましたが、そこから冷静にボールを繋ぎ直し、何度かチャンスを作り出せましたが、

 

相手選手の体を張った守備に得点を奪うことができず

 

ハーフタイムになりました。

IMG_0379.JPG

前半のうちにフィニッシュの精度を上げて1点でも奪うことができていれば状況は変わったかもしれませんでした。

 

ハーフタイムにはポジショニングの修正やポイントを押さえました。

 

まだここから!という気持ちも含め逆転を狙いピッチに送りだしました。

IMG_0378.JPG

選手たちは果敢にゴールに迫る攻撃をしていました。

 

ただこの日もあと1本のラストパスや、あと1テンポ速いシュートなどが出ませんでした。

IMG_0373.JPG

緊張と焦りから単調な攻撃が続き、攻めきれなくなってきた後半中盤、

 

パスミスからの相手のカウンター攻撃に対応しきれず、失点。

 

間延びしてしまった中盤とディフェンスの間をうまく使われてしまい試合終了間際にさらに失点してしまい、

 

0-4で負けてしまいました。

IMG_0367.JPG

1年生の時にやらせて頂いた時から選手たちは大きく成長したと思います。

 

クラブユースで負けてしまってから子ども達は本当によく頑張りました。

 

ウルトラリーグや練習試合、何より練習に本当によく取り組みました。

IMG_0365.JPG

ただ、3年間言い続けてきた、

 

ボールを正面に置いて、肩の力を抜いて、

 

自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールする。

 

これができなかったのが本当に悔しかったです。

 

緊張したとき、焦ってしまって時、1番自信を持てるものに戻れなかったことが

 

悔しかったです。

 

技術も体力も精神力もまだまだでした。

 

大きな大会は終わってしまいましたが

 

まだ3年生はウルトラリーグが残っています。

 

今週末にはニワノカップも残っています。

 

さらにこれからは進路についても真剣に向き合っていかなければいけません。

 

まだまだやらなければいけないこと、課題が山積みです。

 

1つ1つ全力で挑戦し、高校生活に向けて大きく羽ばたく準備をしっかりとできるようにしてもらいたいと思っています。

 

そして、力強く先輩を応援してくれた1,2年生、

 

2年生は新人戦でもあるニワノカップが間近に迫っています。

 

頑張ってクラブユースシード権、そして3年生が手にできなかったニワノカップ優勝を目指して頑張ってください!

 

1年生はKリーグ予選の後期がスタートしたり、会長杯出場に向けての戦いが続きます。

 

Kリーグ優勝、会長杯優勝を目指しもっと強く、逞しくなっていきましょう!

 

最後に、温かい声援を送ってくださった保護者の皆様、本当にありがとうございました。

IMG_0389.JPG

9月22日(土)、前橋フットボールセンターA面にて、

高円宮杯決勝トーナメント1回戦が行われました。

IMG_0284.JPG

対戦相手はルーヴェン高崎でした。

前回の練習試合では4-4と引き分けていた相手です。

 

試合前から子どもたちはすごく緊張していました。

IMG_0287.JPG

試合立ち上がりはその緊張がもろに試合に出てしまい、硬い試合になりました。

 

相手の狙いははっきりしている中で、迷いながら戦っているような雰囲気でした。

IMG_0269.JPG

そういう時は点は取れないものです。

 

何度か訪れた決定機もことごとく外し、何度もピンチがありましたがキーパーのセーブにも救われ、なんとか防ぎ、

 

前半0-0で折り返しました。

IMG_0295.JPG

ハーフタイムでは迷っていたことを整理し、はっきりとプレーすることを意識しました。

 

そして気合を入れ直して後半をスタートしました。

 

後半も前半の硬さは抜け切れていませんでしたが、少しずつ思ったようなプレーができるようになり、

IMG_0293.JPG

先制点を奪うことに成功!

 

この時のホッとしのと、嬉しさがあふれた笑顔が印象的でした。

IMG_0292.JPG

前回のクラブユースで敗れてしまってから、子ども達は様々なプレッシャーと戦ってきました。

 

そんなプレッシャーをみんなが感じていた中で奪えた先制点で、重苦しかった空気を一瞬で換えてくれました。

 

そのあとに奪った追加点も意地のゴールといった感じでした。

IMG_0289.JPG

取るべく選手がゴールを奪ってくれて、チームにも勢いがつく試合になったと思います。

IMG_0275.JPG

そして何よりも失点しなかったのが良かったです。

 

最初は動きが重い選手もいましたが、キーパーを中心に段々と集中力を増していった感じがしました。

 IMG_0291.JPG

相手の速くて、上手い選手に何度も苦しめられましたが、踏ん張り切れたのは

 

クラブユースで負けてからコツコツ練習や試合に取り組んできたみんなの頑張りと成長だったと思います。

IMG_0296.JPG

そこからさらに追加点を奪うことができ、

 

3-0で勝利することができました。

IMG_0278.JPG

決して良い試合だった!とは言えませんが選手たちの頑張りでなんとか準々決勝に進むことができました。

 

次の試合は9月29日(土)、前橋フットボールセンターA面で13:00キックオフ、

対戦相手は大泉FCです。

 

難しい試合になると思いますが、落ち着いて決戦に挑めるように準備したいと思います。

IMG_0280.JPG

1回戦以上の熱い応援、宜しくお願い致します。

海外研修。

こんにちは。監督です。

 

最近、引っ越しをした監督です。

 

荷物を整理しているときに、昔の物がたくさん出てきて、つい見入ってしまいました。

 

なかなか物を捨てられない性格ですが、今回ばかしは結構捨てました。

 

でも、小さいころに買ってもらった、ぬいぐるみは捨てられませんでした。

 

 

って、乙女か!

 

 

デザートは別腹だよね。

 

 

って、乙女か!

 

 

ミカンの薄皮は絶対に取る派です。

 

 

って、乙女か!

 

 

さ、そんな監督ですが、ドイツに研修に行ったときの写真と、スペインに研修に行ったときの写真が出てきました。

 

ドイツに行ったときは、たしか23歳のときでした。

 

指導法を学びに1週間行ったのですが、行く前にかなり勉強をしました。

 

どんなことを勉強したかというと、ドイツのサッカーを勉強しました。

 

哲学とか、サッカーの歴史とか。

 

ドイツに行き、講義があり、質疑応答がありました。

 

僕は、「トレーニングメニューを教えてください。」とお願いしました。

 

そしたら、「日本人はまたマネをするんですか?」と突き放されました。

 

「ドイツでは、コーチが思ったように練習します。目的に沿ってオーガナイズします。」

 

「なのでその質問には答えられません。」

 

めっちゃ悔しかった!

 

自分の未熟さを痛感しました。

 

自分のアイデアやオリジナリティーが必要だと感じました。

 

そして、その日から、勉強の仕方を変えました。

 

目で見たものを、頭の中で、「自分ならこうする!」と変換するような勉強の仕方に変えました。

 

自分の中で、常に答えを持つようにする!という勉強法に変えました。

 

そして、25歳のときにスペインのバルセロナに研修に行きました。

 

目的はただ1つ。

 

自分が持っている答えを、照らし合わせる!

 

下部組織の練習や試合をたくさん見て、頭の中で自分ならこうするかな?って変換して、

 

そして講義を受けて、質疑応答の時間が来ました。

 

 

相手は、金髪サラサラのロング、

 

 

って、乙女か!

 

 

あ、すいません。

 

 

納得のいく質問が出来ました。

 

納得のいく答えが返ってきました。

 

 

その瞬間、胸がきゅんっとなりました。

 

 

だから、乙女か!笑

 

 

僕が2回の海外研修を経て感じたことは、答えを持つということ!です。

 

それが間違っていようが、問題ではありません。

 

大切なことは、目で見たり、耳で聞いたことを、吸収しながら頭の中で変換していき、自分の答えに自信を持つことです。

 

サッカーを指導する上では、僕の答えだけではなく、子ども達の答えであったり、子ども達が自信をもって答えを出していくことが大切です。

 

そういう時間や、経験、環境をどのように作り出していくか。これが基本です。

 

自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

小学6年生を対象としました2019年度(10期生)入団に向けてのクラブ説明会及び練習会を下記の日程で行います。

詳細は添付の資料をご覧ください。

クラブ説明会・練習会 9/24(月祝)・10/14(日)の2回行います。その後行われるセレクションに申し込まれる方、KRILOに
興味がある方は、いづれかの日に参加ください。


尚、セレクションは0/21(日) 18時受付 18:30-20:30 を予定しております。
申込書は説明会で配布しますが、別途ホームページにもアップ致します。

9月2日(日)、高円宮杯決勝トーナメント組合せ抽選会が行われました。

 

昨年同様、ウルトラリーグ上位8チームがシードとなり、一次トーナメントを勝ち上がった6チームを含めて抽選が行われ、KRILOの1回戦の対戦相手は、ルーヴェン高崎に決定しました。

 

9月22日(土)に前橋フットボールセンターA面にて13時キックオフで行われます。

 

正々堂々挑み、力を出し切れるようにしっかりと準備して全力で勝負したいと思います。

応援宜しくお願い致します。

 

組合せの詳細は下記をご覧ください。

 

2018高円宮群馬県大会 組み合わせ.pdf

IMG_20180824_203148.jpgIMG_20180825_151216.jpgIMG_20180825_151256.jpg

こんにちは。監督です。

 

夏休み中に35歳になった監督です。

 

35歳になったので、ヒゲをそり、和泉元彌みたいになろうと考えています。

 

ソロリ、ソロリ、

 

って、やかましいわ!

 

全然、似てないわ!

 

なんなら、日焼けで黒いから、ゴキ、ゴキブ、

 

言っちゃだめ!

 

ゴキブリって言っちゃダメ!

 

って、言っちゃった!笑

 

さて、そんな和泉元彌ですが、ソロリ、ソロリ、

 

だから、やかましっ!

 

さて、夏休みも終盤になった頃、嬉しいニュースがありました。

 

1期生で鹿島アントラーズに所属している、田中稔也くんがJ1初スタメンを果たしてくれました。

 

クリロで練習していたアウトサイドパスや、足を上げないボールコントロール等、随所に良いプレーを見せてくれ嬉しくなりました。

 

稔也だけではなく、クリロのOB達も、社会に出て働いていたり、大学の勉強や実習など、たくさん報告をしてもらい良い刺激をもらっています。

 

高校生の子達は、遠征先で会ったり、試合で会ったり、選手権の予選で活躍したりと、こちらも良い刺激をもらっています。

 

本当にありがとう!そして、頑張れ!

 

ん?

 

前回みたいに、またおかしな文章じゃない?

 

監督らしくないよね?

 

ソロリ、ソロリ、

 

だから、しつけっ!

 

って、ネタ切れなんだよ!

 

35歳、ネタ切れなんだよ!笑

 

さて、ここからが本題です。

 

夏休みどうでしたか?

 

サッカーを楽しめましたか?

 

自分を表現できましたか?

 

僕の考えているところは、そこです。

 

自分たちのゲームをやることを大切にしていきたい。

 

僕の考えているところは、そこです。

 

相手のことを考えなければ戦術的な理解度は深まらないだろうと言われたらおしまいですが、相手を研究したからといって、

自分たちのサッカーがそんなに変わるものでもないでしょう。

 

それより、自分たちの良さをしっかり発揮するというのが基本です。

 

今日から、夏休み明けの通常ナイター練習が再開されます。

 

今日からの練習も、自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

 

 

IMG_20180801_211430.jpg

 

こんにちは。監督です。

 

8月1日(水)に田中稔也選手が、J1デビューしました。

 

クリロの1期生で、鹿島アントラーズユースを経て、鹿島アントラーズ入団3年目での初出場となりました。

 

僕自身、教え子がJ1にデビューすることが初めての経験なので、ドキドキ、パキパキ、メキメキ、ポキポキ、シュワシュワ、

 

 

やかましっ!

 

 

とても興奮しました。

 

 

今すぐにでも会いに行きたくなりました。

 

 

会いたくて会いたくて震える!(西野カナ状態)

 

 

やかましっ!

 

 

ってか、古っ!

 

 

実は、デビューした、FC東京との試合を、鹿島スタジアムまで観戦に行こうと思ってました。

 

しかし、伊香保で行われている、フラダンスの大会に行ってしまいました。(稔也ごめん)

 

次の試合は、日曜日にあるので、鹿島スタジアムに行こうと思い、思い、思い、

 

 

沼田まつりがあった!!!

 

 

どんだけ、お祭り好きなんだよ俺!

 

 

ってか、フラダンスも好きなのかよ俺!笑

 

 

さて、そんな感じで、稔也のデビューは嬉しかったです。

 

8年前に初めて出会ったときのことを思い出しました。

 

というか今でも鮮明に覚えています。

 

10人ぐらい集まった中で、初めてクリロの練習会として、出会いました。

 

サッカー好きの、サッカー少年でした。

 

それ以上は、教えられません!笑

 

それからクリロでは3年間ともに過ごしました。

 

ボールと道具を大事にする子でした。

 

それ以上に印象に残っているのは、友達や仲間、対戦相手を大事にする子でした。

 

面談でも、稔也は、クリロの仲間に感謝の気持ちを話していたのを覚えています。

 

上手くなりたい、楽しくサッカーしたい、というのを皆が思っていて、

 

皆が目的を持ちながら、一生懸命に努力する環境ができ、僕も手応えを感じていました。

 

そんな環境だったからこそ、充実した3年間にできたのではないかと思います。

 

稔也だけではなく、一生懸命クリロで練習に励んでいる子はたくさんいます。

 

その環境を、ずっと作りつづけている子ども達、保護者の方々、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

え?

 

なにこの文章?

 

ちょっと恥ずかしいんですけど?

 

なにか笑いをつらなくては、

 

とりあえず、

 

このブログを書いた後、

 

 

ボラギノールを買いに行きます!

 

 

うるせっ!

 

 

次の練習や、試合も、

 

自分をコントロールして、ボールをコントロールして、ゲームをコントロールしましょう。

ニックワイルド。

こんばんは。監督です。

 

ワールドカップで盛り上がっている中、睡魔に勝てず、実はあんまり観ていない監督です。

 

なんなら、ワールドカップ中に放送された、ディズニー映画「ズートピア」にハマった監督です。

 

みなさん、

 

ニックワイルド!って呼んでもらっていいですか?

 

グラウンドで、

 

ニックワイルド!って呼んでもらっていいですか?

 

やかましっ!

 

さて、今日は送迎して、さあトレーニングだ!ってときに雷雨が来て、練習できませんでした。

 

難しい判断ですが、安全を確保するという意味では、やむを得ないです。

 

帰りの送迎中、モヤモヤした気持ちを晴らすには、どうしたら良いかな?って考えていたら、ブログを書こうと思いました。

 

話は戻りますが、観てない観てないって言っても、ちゃんとワールドカップも観てます。

 

基本的には、鼻くそホジリながら観てます。

 

やかましっ!

 

小指でね!

 

やかましっ!

 

奥の方まで!

 

やかましっ!

 

「どんな視点で観てますか?」って、よく子ども達に聞かれます。

 

純粋に観てます。

 

日本がんばれ!とか、他国の試合でも、激しいプレーには興奮したり、美しいプレーには感動したりして観てます。

 

でも、1番は監督が交代した日本がどのようなサッカーをするか。

 

ここに注目して観てました。

 

なぜなら、ハリルホジッチ監督と、西野監督は、指導者のタイプが異なるからです。

 

ハリルさんは、「トップダウン型」と言われるタイプです。

 

自分の志向するサッカーがはっきりしている戦術家で、スポンジのように吸収する若手を好み、スムーズに起用します。

その反面、自分のサッカー観が強いベテランからは、反発を受けやすいという側面もあります。

 

今回のワールドカップでは、ロシア代表の監督がそのようなタイプで、規律とハードワークを重要し、

相手をよく分析した中で戦術を落とし込んでいきます。スペイン代表を破ったのも偶然ではなかったように思います。

 

逆に西野監督は、「ボトムアップ型」です。

 

選手からたくさんアイデアを引き出し、そこに監督の意図を加えていく。意見がまとまらなくなったら、議論をやめ、

監督やキャプテンが、方向性を一つにまとめていきます。

経験値がどうしても必要になるので、若い選手や経験が少ない選手が多いと、時間がかかったり、まとまらないという側面もあります。

 

チャンピオンズリーグで優勝したレアルマドリードの、ジダン監督がそのようなタイプに当てはまります。

 

どちらが良いのか?どちらが良かったのか?

 

そこらへんは、よくわかりません。笑

 

ちなみに僕はどちらのタイプなのでしょうか?

 

そこも、よくわかりません。笑

 

たくさんの子ども達が居て、1人1人考え方や、感じ方が違います。

 

チーム全体で示していくこと、グループで話していくこと、個人の意見を聞くこと、個人にアドバイスをしていくこと、どれも大切です。

 

そんなことを考え、感じながら、ワールドカップを観て、いつかクリロから、ワールドカップで活躍する選手が出ると良いな。

 

と思っている、ニックワイルドでした。

 

やかましっ!

  • FC KRILO オフィシャルホームページトップ

2018年11月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

月別 アーカイブ